メガネのオーサカ

メニュー

電話

メガネのオーサカのご紹介

スタッフ紹介

大坂 亮志

大坂 亮志
認定眼鏡士SS級

生まれも育ちも川崎市中原区です。国内メーカー・外資系IT企業などを経てメガネ業界に入りました。メガネ業以外にも地域コミュニティを仲間と立ち上げて活動したり、商店街活動に協力したりと、武蔵小杉をフィールドに楽しみながら地域貢献してます。
学生時代はカナダに留学していたので英語が堪能です。

大坂 明子

大坂 明子
OCP(オプチカルカラープランナー)

あなたの見合うベストカラーを知っていますか?そんなコピーをチラシに載せたのはもう何年前のことでしょうか?OCP(オプチカルカラープランナー)という資格を持っています。お顔のイメージにあったフレーム選びや肌の色に合うレンズカラーの提案など、より個性を活かすメガネ選びのお手伝いをいたします。お客様との楽しい会話の中から「コレ」という一本が探せたらとても嬉しいです。

渡辺 文孝

渡辺 文孝
認定眼鏡士SS級
日本眼鏡学会正会員

業界歴35年以上のキャリアで今までに2万人以上の方をお測りしてきました。週の半分は近隣の眼科に医療従事者として出張し、一般の眼鏡や白内障手術後のメガネ、また弱視のお子様のメガネを視機能訓練士の方々と協力して作成しております。継続した技術研修も受け、日々常にお客様ひとりひとりの視生活向上に努めています。

萩原 雅文

萩原 雅文

業界歴35年以上、地域の皆様に支えられて今日まで楽しく勤務させていただいております。「できる限りノーと言わない」「お客様のために何をして差し上げられるかをいつも考える」をモットーにお客様の応対をしております。今まで培ってきた経験とノウハウを用い、多くの皆様の笑顔に出会えるようにメガネのオーサカの番頭として頑張っていきます。

高橋 啓論

高橋 啓論
認定眼鏡士SS級

業界歴15年以上になります。もともと眼鏡フレームの造形や製造工程などに興味を持ったのが眼鏡に携わるきっかけです。眼鏡は度数の出し方やフィッティングにより、快適度が全く変わることを知り、この仕事の奥深さを知りました。

主にレンズをフレームにはめ込む「加工」を担当しております。丁寧な仕事で美しい眼鏡づくりを心がけております。

大坂 邦治

大坂 邦治

メガネのオーサカ創業者の大坂邦治です。
今は息子はじめ昔からいる信頼できるスタッフに店をまかせ、武蔵小杉商店街の仕事を主にお手伝いしています。あまり店で顔をださないので古くからのお客様には「社長さんはお元気ですか?」とよく聞かれます。移り変わっていく武蔵小杉の街と同じように当店も新しい変化をしつつ、皆様に愛される店作りを目指します。

Copyright © Osaka Optical All Rights Reserved.

Scroll Up