メガネのオーサカ

facebook
 
インスタグラム
 
twitter

HOME | 40代からのメガネ選び

 

40代を超えると少しづつ手元が見づらいという現象が出てきます。俗にいう老眼といった状態です。しかし、現在において40代は仕事、家事、子育てに忙しい年代でもあります。その時に気持ちよく「見る」を感じて頂くためのヒントをお伝えできればと思っております。
 

なぜ、このような事がおこるのでしょうか。

 

 
これは目の調節力というピントをあわせる機能の年齢別のグラフです。実はご覧の通り、調節力は40代に入り急に落ち込むのではなく10代から少しづつ少しづつ落ちてきているのです。そして、読み書きに支障がでる距離が見づらくなってくるのが40代半ばだと思って頂ければと思います。
 

 

 

遠近両用レンズに対する誤解

 
「遠近両用レンズや老眼鏡を掛けると老眼が進むのが早くなるのでは?」と言われる方がたくさんいらっしゃいます。まったくの誤解です。レンズはピントを合わせているだけなので、遠近両用や老眼鏡を掛けて度が進む事はありませんのでご安心ください。逆に見えないのに眉間に力を入れて我慢して見ていると眼精疲労の原因になります。
 
 

掛け始めは早い方がいいですよ

 
遠近両用レンズは遠くを見る度数と近くを見る度数を1枚のレンズに入れているので、少なからずユレやユガミが生じます。老眼が本格的に進みだす50代よりも40代の遠くと近くの度数差が少ない内から掛けならして頂くとよりスムーズに慣れて頂けます。我慢しても老眼自体の進行を止めることはできませんので、早めの対処が有効です。
 

 

遠近両用レンズがまず最初の選択肢であるのは間違いのない事実ですが、現実には普段はメガネを掛けなくても遠くが見える方やできればメガネは掛けたくないという方もたくさんいらっしゃるのは事実です。そういった方には、その方の生活スタイルにあったメガネレンズをご提案させて頂きます。
 
一言に手元を良く見えるようにするレンズといっても下の画像のようにたくさんの種類があります。お客様の使いたい距離や普段の生活シーンをお聞かせ頂ければ、それに見合ったレンズをご提案致します。